スポンサーリンク

【スケート1年目】フィギュアスケート陸練習のススメ 氷でやりたいことは陸でできないと

スポンサーリンク

こんにちは。ヤングチャンピオン・カエルです。

皆さん、スケートの練習はリンクじゃないとできないと思ってませんか?

 

陸でもできるんです。

 

もっと言えば、

 

陸でできないことは氷でもできないです。

 

最近テレビでも「陸で町田樹を完コピする東大生」が出ていますが、あれが大事なんです。

今回は「陸練習」をテーマに書いて行こうと思います。

スポンサーリンク

お勧め陸トレ:基本の動き編

以前の記事(【フィギュアスケート部】スケート初心者は絶対に知っておきたい!!練習中これだけは意識すべきポイント3選)で書いたように、フィギュアスケートにおいて

・スケーティングレッグを曲げること
・フリーレッグを伸ばすこと
・音を鳴らさないこと

は非常に重要なポイントになります。

もう、分かりますね。

陸でできるんです。

この3ポイントを意識して基本の動き、例えば

・ストローク
・スイングロール
・チェック姿勢のキープ

など、陸でも再現性高く動けるものはとてもいい練習になります。

というより、陸上より氷上のほうがはるかにバランスがとりずらいので、
陸でできることが氷上でできることの最低条件とさえ思います。

陸でさえ膝が伸びない人は氷でも絶対伸びません。

膝が伸ばせない人は、まずは安定した陸上で膝を伸ばす意識を徹底しましょう。

陸でこういった練習をしておくと、上達スピードが爆上がりします。

スポンサーリンク

お勧め陸トレ:ジャンプ編

陸で上にジャンプして回転する「陸ジャンプ」もいい練習になります。

ただ、

非常に怪我をしやすいので注意が必要です。

特に今まで人生で横回転したことがない人は軸がぶれて足を挫きやすいです。

 

なので無理に回しすぎない。
これだけは忘れないでください。

 

回転に慣れてない人は、

軸がとれて安定した一回転

を目指しましょう。2回転とかは不要です。これに関しては陸でできなくても氷上でできます。

 

色々コツはあるのですが、初心者が一番陥りやすいのは

跳び出しと回すのが同時になって斜めに飛び出してしまうこと。

なので、

腕を締めて回転をつけるのは飛んだ後

という意識を持つと軸が曲がりにくいので、軸が取れない人はお試しください。

スポンサーリンク

お勧め陸トレ:スピン編

スピンについては、

シットスピン・キャメルスピンのポジションキープは陸でも練習できます。

あくまで”ポジション”なので、陸で片足でぴょんぴょんしながら回らなくていいです。
無意味です。

ちなみにシット姿勢については陸でしっかりしゃがめなくても氷でできるということが起こりえます。なんでも遠心力が助けてくれるそうです。まあ陸でもできてマイナスということはないのでガンガン陸でやっておきましょう。

前回記事(【スケート1年目】柔軟性って必要?→ほとんどいらないけど足首だけはやっておけ)でも書いた通り、シットスピンをやる上で足首が硬い人は不利なので、そういう意味でも陸トレは大事です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

テスト期間や仕事の繁忙期など、人間滑りたくても滑れない時期は必ずあります。


そういう時リンクに行かずとも、有意義な練習はできるので、ストイックな人は陸での練習もやりましょう。

以下、僕の考えた陸トレの応用系について書いた記事を紹介します。
いや絶対それ意味ないだろwwって思った人は全然読まなくて大丈夫です。一部の少し頭のおかしいメンバーだけで粛々と練習します。

 



スケートスケート1年目向け
スポンサーリンク
frogall8をフォローする
スポンサーリンク
Marvelous Cross
タイトルとURLをコピーしました