スポンサーリンク

【スケート1年目向け】テキトーにやってない? チェックを大事に

スポンサーリンク

こんにちは。ヤングチャンピオン・カエルです。

今回はチェック姿勢の話です。

ジャンプ後に必ずしなければならないので、チェックはどのプログラムにも必ず複数回出る大事な要素です。

ジャンプに意識が行き過ぎて、チェックがテキトーな人もいるので、今回は
チェックの時に意識したいポイント
紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

チェックで意識したいポイント

理想のチェックとは、

見た目が良い&勢いを止めない

という2点を満たしたチェックです。


そこで今回は【見た目を良くする】点と【勢いを止めない】という2つの側面からチェックのポイントを解説しようと思います。

見た目を良くするには

見た目を良くするポイントは、

①顔を上げる
②フリーレッグ伸ばす

の2点です。詳しく見ていきましょう。

①顔を上げる

着氷地点が気になって下を向く人がいますが、非常に見栄えが悪いです。

しかも前傾なので後ろに滑っていかないという二重苦。

顔は絶対に上げましょう。ドヤ顔であげましょう。

②フリーレッグ伸ばす

チェックに限ることではないですが、フリーレッグは必ず伸ばしましょう。

フリーレッグを伸ばさないチェックはもはやチェックじゃないと言っても過言ではないです。

・膝、つま先まで伸ばす
・つま先は外側、でも腰は右側に開かないで前方を向く(お腹の横の筋肉がつらい姿勢)

を意識しましょう。

フリーレッグを伸ばすことについては前回書いた記事があるので読んでない人はご覧ください。

勢いを止めないためには

次は【勢いを止めない】ためのポイントです。

勢いを止めないための最大のポイントはずばり、

右膝を曲げることです。

膝を曲げる

着氷時は膝を曲げましょう。

低い方がなんかかっこいいという主観もありますが一番の理由は、
着氷時の衝撃を吸収して推進力にかえるため
です。

当たり前ですが、ジャンプは上方向に飛びます。そのままガっと音が鳴るように降りてくると、エネルギーが垂直方向にかかってしまい後ろに流れる力がなくなってしまいます。

イメージとしては
膝を曲げることで、力の方向を下ではなく後ろに変える感じ。

 

着氷はつま先から

ちなみに着氷は、
つま先からです。

つま先(親指あたり)から徐々に右バックアウトの位置(右足小指あたり)に降りていく感じです。

たまに着氷した瞬間からエッジが全体が付いている(エッジが地面と平行)の人がいますが、
後ろに進む力が弱くなります。

しかもこういう着氷はエッジへの衝撃が大きくて、やり続けるとエッジが割れる可能性もあるので絶対やめましょう。

おそらくトップの人は
①ジャンプ自体の勢い
②着氷時(つま先)→バックアウトの位置に体重を移す時の推進力
の2つによって着氷後に超流れるジャンプを飛べているんだと思います。

チェックの段階でもスピードを出せるようなチェックを目指しましょう。

スポンサーリンク

チェック鑑賞

ではここでトップ選手たちのチェック姿勢を鑑賞しましょう。

良い姿勢をしっかり見て、真似することで身につきます。

①織田信成選手

写真元:おとたむさん ブログ

・しっかり曲がったスケーティングレッグ
・つま先まで伸びたフリーレッグ
・顔を前方に見据えている

完璧ですね。さすが織田選手。

特に目を見張るのは、フリーレッグの高さです。

地面と水平にまで上げるのはなかなか筋肉に来ますが、とても美しく見えるので頑張る価値ありです。

②本田武史選手

この左手だけ少し上げる、非対称な腕の位置がかっこいいんです。僕の理想のチェック姿勢は本田武史さんがやっているようなタイプのチェックです。

③小塚崇彦選手

僕の中でのチェックに関する永遠の議題は、

対照と非対称どちらがいいのか問題。

答えは、

上手い人がやればどちらもカッコいい。

対照タイプのかっこいいチェックの代表格は小塚崇彦選手。

上で紹介した非対称タイプのチェックは「おしゃれ」って感じの良さがありますが、
対照タイプは「無駄のない」、「洗練された」良さがたまらないです。一度はまるとはまり続けます。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

自分の好きなタイプのチェックを見つけて、それを目指して練習しましょう。



スケートスケート1年目向け
スポンサーリンク
frogall8をフォローする
スポンサーリンク
Marvelous Cross
タイトルとURLをコピーしました